親知らずの抜歯

親知らず

このような親知らずの症状でお困りではありませんか?

  • 親知らずの手前の歯の間に物がはさまりやすい
  • 歯ぐきが腫れて痛い
  • 親知らずが虫歯になっているような気がする
  • 親知らずの手前の歯が虫歯になっている
  • 奥歯が磨きにくい・歯ブラシが届きにくい
  • 今後妊娠を考えており、事前に抜いておきたい
  • 最近、歯並びが変化してきた気がする

…等々です。親知らずは、生え始めると手前の奥歯を押して、他の歯や顎自体に痛みが出たり、歯列(歯並び)を徐々に乱していくこともあります。当院では、精密な診査・診断をした後に、親知らずの抜歯を検討いたします。CT撮影を行い、より正確な診断が可能となっております。

CTのページへ

歯の移植・再植

歯牙移植のイメージ

奥歯が虫歯などで抜歯せざるを得ない場合、通常はブリッジやインプラントが必要になりますが、親知らずを移植する治療法もあります。移植後は、神経の治療をして被せ物の処置をします。

歯を移植する場所に対して、親知らずのサイズや形が合わない場合、歯周病などの場合は、移植はできません。歯の移植にご興味のある方はお問い合わせください。

03-6458-7277

[ 診療時間 ]
平日 9:30-13:00 / 14:30-19:00
土曜 9:30-13:00 / 14:00-17:30
[ 休診日 ]
日曜・祝祭日

お問い合わせ アクセス・地図