歯が痛む虫歯はミュータンス菌のつくる歯垢(プラーク)によって歯が溶かされてしまう病気(感染症)です。切り傷等とは違い自然に治癒することはなく、放っておくとどんどん進行し悪化します。

当院では「無痛麻酔」などを導入し、なるべく痛みに配慮した治療を行うよう心がけております。歯医者さんでの痛みが怖い・苦手という方も、まずは放っておかずになるべく早めの診療をおススメいたします。

無痛麻酔を導入

麻酔時の痛みを軽減する工夫を行っています。

詳しくは、無痛麻酔のページをご覧ください。

当院での虫歯治療

虫歯は進行の程度により、治療方法が異なります。主に以下のような治療法があります。

初期の小さな虫歯:コンポジットレジン法

小さな虫歯

奥歯の溝のごく小さな虫歯であれは、最小限に虫歯になったエナメル質を除去し、白いペースト状の詰め物「コンポジットレジン」で対応できる場合があります。保険の材料で丁寧に詰めた後、光で固めます。
素材はプラスチックでのすで、経年変化で変色や臭いが付くことがありますので、定期的なやり変えが必要になることがあります。

小~中くらいの虫歯:インレー法

セラミックインレー上記のコンポジットレジンでは対応できないような虫歯の範囲は、虫歯の範囲を削った後に、歯科技工士が作る詰め物(インレー)の処置を行うことがあります。

詰め物の種類についてはインレーのページをご覧ください。

神経に達した虫歯:根管治療

根管治療

虫歯が深く進行し、神経(歯髄)に侵襲が及んだ場合には、根管治療が必要になります。虫歯で侵された根管の中をキレイに除去し、お薬を入れて密封し、必要に応じて被せ物(クラウン)をする治療です。

根管治療は数回にかけて行われ、通院回数もかかります。そうならないためにも、少しでも痛みや異変を感じたら、早めの歯科医院への受診を強くおすすめいたします。

根管治療後の被せ物の種類についてはクラウンのページをご覧ください。

根管治療に歯科用CTを活かしています

虫歯予防について

PMTC当院では将来的に虫歯にならない健康的な歯を維持するために、予防歯科を積極的に行っております。

詳しくは、予防歯科のページをご覧ください。

03-6458-7277

[ 診療時間 ]
平日 9:30-13:00 / 14:30-19:00
土曜 9:30-13:00 / 14:00-17:30
[ 休診日 ]
日曜・祝祭日

お問い合わせ アクセス・地図