東陽町いば歯科では、

歯科医師・歯科衛生士のスタッフ全員が
拡大鏡(ルーペ)を使用し、

拡大視野による精密な治療・施術を行っております。

最大8倍率+大光量ライトでしっかり見えます

前歯の拡大視野

奥歯の拡大視野

拡大鏡導入のメリット

歯科医師が使用すると・・・

歯科医師と拡大鏡

  • 虫歯で感染した箇所を精密に取り除ける
  • 裸眼では見落としがちな小さな初期の虫歯も発見しやすい
  • 詰め物や被せ物をする前の歯の形成を精密に行える
  • 精密な形成を行えるため、インレーやクラウンをぴったりとセットできる
  • 適合性のよい治療を行えるため2次的な虫歯にもなりにくい
  • 見落としがちな歯の細かいヒビ(クラック)もはっきり確認できる
  • 歯質の境目と歯と被せ物の境目(エナメル質、象牙質、歯髄、白いコアとの)がはっきり見える
  • 精密な治療ができるので、患者様への負担・痛みを極力軽減できる
  • ドクター自身の身体への負担が減らせる

歯科衛生士が使用すると・・・

歯科衛生士と拡大鏡

  • 歯石や歯ぐきの炎症、歯垢(プラーク)などが裸眼よりも確実に見ることができる
  • 歯石・歯垢(プラーク)の取り残しが少なくなる
  • 正確に歯石の部分だけを除去し歯の表面を傷つける事を防止できる
  • ステイン(歯の着色汚れ)と虫歯を見分けて細かく除去できる
  • 詰め物・被せ物をセット後のセメントの取り残しを防ぎ、2次虫歯を防げる
  • 歯周ポケットの中の歯石まではっきり確認できる
  • 精密な作業ができるので、患者様への負担・痛みを極力軽減できる
  • 詰め物・被せ物の欠けてしまった部分やヒビも検診時に発見しやすい
  • スタッフ自身の身体への負担が減らせる

当院導入の機種・メーカー 「SurgiTel」

サージテル

医療用拡大鏡として最もシェアがあり高性能の「サージテル」「サージカム」を導入しております。歯科医師の会話でも「拡大鏡と言えばサージテル」と言われるくらいメーカーの中でも一流であり、信頼性があります。

サージテルを開発した米国GSC社は、かつてジェット戦闘機のコックピットを設計していました。開発担当者は戦闘機パイロットが頭を動かさずに視線を動かすだけで前方と計器の両方を見ることができる技術を開発しました。サージテルはジェット戦闘機のコックピットと同様、人間工学に基づいて設計されており、歯科医師も裸眼と拡大視野を自然に使い分けることができます。

03-6458-7277

[ 診療時間 ]
平日 9:30-13:00 / 14:30-19:00
土曜 9:30-13:00 / 14:00-17:30
[ 休診日 ]
日曜・祝祭日

お問い合わせ アクセス・地図