東陽町いば歯科では、

滅菌効果の高い最新の機器
「クラスBオートクレーブ」

を導入しております。

そもそも滅菌とは?

消毒・殺菌・滅菌などの意味

滅菌 滅菌 すべての細菌を除去させること。増殖性を持つあらゆる微生物(主に細菌類)を完全に除去する状態を実現するための作用・操作のこと。
殺菌 殺菌 ヒトに対して病原性の影響のある微生物のみを除去、あるいはその発育を阻止して感染力をなくすこと。具体的な方法としては、消毒薬や防腐薬に浸ける、煮沸するなど。
消毒 消毒 ヒトに害のない、ある程度まで細菌を除去することです。丁寧な手洗いなどがこれにあたる。
除菌 除菌 消毒と同じ程度。専門用語ではなく曖昧な言葉。
抗菌 抗菌 細菌の増殖を阻害する、菌が繁殖しにくい。除菌よりも弱い効果。専門用語ではなく曖昧な言葉。

滅菌効果の高いクラスBオートクレーブを導入

高蒸気圧滅菌器

当院では滅菌効果の高い最新の機器「クラスBオートクレーブ」を導入しております。ご来院いただく皆さまに安心して施術をお受けいただけるよう、徹底した衛生管理・院内感染防止対策を行っております。洗浄・消毒・滅菌に関する高い意識を持ち、ルーチンワークを徹底しております。

歯科医院おける滅菌とは

治療の際に唾液や削られた粉塵などが飛散する歯科医院では、感染症への対策は必須です。東陽町いば歯科では、歯科医療先進国ヨーロッパの厳しい基準をクリアしたクラスB滅菌器を導入し、徹底した滅菌・消毒体制を整えております。

当院の滅菌・院内感染防止対策

使い捨て材料(ディスポーザブル)の導入

グローブ

治療時に使う、医療用グローブ(ゴム手袋)やコップ、エプロン、注射針などは可能な限り使い捨て(ディスポーザブル)の製品を使用しております。患者さまごとに、常に清潔で新しいものを使用し、徹底した院内感染予防対策を行っております。

ヨーロッパ基準の滅菌器「クラスBオートクレーブ

クラスBオートクレーブ

歯科医院では、オートクレーブ(高気圧蒸気滅菌器)が一般的に広く使用されていますが、実はオートクレーブにもクラス分けされており、滅菌の強さにより、上から B / S / N に分類されています。

日本国内における一般的な歯科医院で使用されるオートクレーブはほとんどが一番下の「クラスN」です。当院のオートクレーブは一番上のクラスBタイプ「MELAG社バキュクレーブ31B+」を導入しております。

それぞれのクラスの滅菌レベルと滅菌対象物は以下の通りです。

滅菌レベル 内容 滅菌対象
クラスB
(Big Autocrave Cycle)
滅菌前と乾燥時に数回の真空状態を作りだし、あらゆる種類、形状の器具の滅菌が可能。
  • 単純な器具やミラー
  • 口腔内を吸うチューブや複雑な器具
  • 歯を削るタービン(ハンドピース)やコントラなど、より複雑な器具
クラスS
(Specific Cycle)
滅菌前に1回、真空状態を作りだし高蒸気圧滅菌。クラスNとクラスBの中間的なレベル。
  • 単純な器具やミラー
  • 口腔内を吸うチューブや複雑な器具
クラスN
(Naked Cycle)
蒸気と空気の圧力の作用で、オートクレーブ内の空気除去を行う。一般的な歯科医院で利用されているタイプ。
  • 単純な器具やミラー

水消毒システム・微温水

水消毒診療ユニット

当院のドイツカボ社製診療ユニットは「水消毒システム」が搭載されています。患者さんのお口の中で使うお水はいつもきれいなお水です。低濃度の過酸化水素水でお水を消毒し、水路管も衛生的に保ちます。

休診日前などには高濃度の過酸化水素水を水路管内に30分間滞留させバクテリアの繁殖などを防ぎます。また微温水を豊富に使用することにより、治療中の患者さんが感じる痛みを和らげています。

以上、大切な家族や友人にも安心して通院してもらいたいクリニック、と考えたときに、上記のような滅菌体制を徹底させることは必然でした。当院ではすべての患者様に安心と安全をお届けできよう、これからも滅菌対策に力をいれてまいります。

03-6458-7277

[ 診療時間 ]
平日 9:30-13:00 / 14:30-19:00
土曜 9:30-13:00 / 14:00-17:30
[ 休診日 ]
日曜・祝祭日

お問い合わせ アクセス・地図